通信販売業者の信頼性チェック

チェックポイント

通信販売トラブルの相談件数が増えているそうです。

通信販売はとても便利なものですが、逆に怖い取引でもあります。

会ったこともいったこともないお店を信頼して購入するわけですので、ある意味での怖さは内在するものです。

トラブルは当然想定されうる取引だともいえるでしょう。

よって特定商取引法では、通信販売という業種を規定し、規制をかけております。

信頼できる通信販売業者を見極めるポイントとはどこでしょうか?

1)法令に基づく記載がある。

業者の会社名や住所、電話番号などがしっかりと書かれているかどうか?
住所の場合は、マンション名や部屋号などまできちんと書かれているだろうか?

レンタルオフィスの場合は、「ここはレンタルオフィスであり、真の所在ではないこと。要請により真の所在地を告知する」旨の記載が書かれているかどうか?

2)解約返品ルールがわかりやすく書かれているか?

ここで解約できないと書かれると、キャンセルはできないサイトとなります。事前にチェックする必要が利用者にもあるということ。

3)SSL化

通信の暗号を保つためにはSSL化は必須です。カードの入力など個人情報は多岐にわたるので安心できるサイトは必須です。

4)電話はきちんとつながるのか?

電話番号の記載があっても実際にかけると全然通じないということがあります。(特に勝手に定期購入になるようなところとかビジネスコンサル、情報商材系は目立つ。)

電話が通じないところは避けるべき。

4)歴史がある。

長い間営業を続けているところは一定の信頼があるとみてもよいでしょう。

ドメインエイジなどで、長い期間そのドメインを利用しているなど信頼できる要素となるでしょう。

5)大手の市場に出店している。

大手の出店サイトでは、トラブルになった際に安心できる決済システムなどを設けているところもあります。

トラブルの際に、保護されることになります。

通信販売のトラブルは小さなものから大きなものまでいろんなものが持ち込まれます。

非常に便利なものですので、しっかりと事前チェックをしてから信頼できるお店で購入していきましょう。




1998年より82000件のご相談
クーリングオフ行政書士事務所

大手テレビマスコミからも取材多数のクーリングオフ代行NO.1事務所。その実力は?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

クーリングオフ悪徳商法解約を専門に行っている行政書士です。 1998年より82000件以上の相談を受けております。 大手のテレビ局、NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京や日本経済新聞など大手のマスコミにも取材多数。 〒184-0001 東京都小金井市関野町2-7-5 クーリングオフ行政書士事務所 Tel042-381-1779 Fax042-381-1836 Mail:den@ga2.so-net.ne.jp