マトラス(競馬ソフト)のクーリングオフ

競馬投資ソフト

マトラス(競馬ソフト)のクーリングオフ

マトラス(MATURUS)という競馬予想自動購入ソフトの相談事例が増えています。

MATURUS

マトラス契約の経緯

SNSなどで知り合って、仲良くなります。その後飲みに行こうなどと誘われて呼び出されます。そこで仲良く話しているうちに良い話があるんだ。すごい人がいる。ものすごく儲かる話でやらない手はないなどうまい話をしていきます。

そこで興味を持つと、じゃあ今度紹介してあげるよとなり営業所へ呼び出されます。するとその場で勧誘が始まり、いかにこのソフトが素晴らしいか。儲かるかということを説明してゆきます。

値段は999000円もするのですが、すぐに元などとれると切り捨てます。

そして契約をするとすぐに支払うように請求され、銀行に行って引き下ろして払ったり、消費者金融を回らされてまで現金支払いなどをせかします。

マトラスの競馬自動購入で儲かるのか?

そもそも競馬とは、公営の賭博です。つまりギャンブルです。中にはニュースで数億儲けて課税されたなどの方もおりますが、ソフトを使用しただけで誰でも儲かるのであれば、ギャンブルではありません。

長い目で見れば確率論で損をするのがギャンブルの鉄則であり、儲かるよりも損する方のほうが圧倒的に多いものなのです。
それをあたかも儲かるような説明をする点に問題があるのです。

利益実はマトラスの契約書には、下の重要事項説明でこのような記載があり、書面的には責めを負わないようにされています。

マトラスの契約の問題点は?

営業所等に販売目的を隠匿して呼び出すアポイントメントセールス

利益があたかも出るかのような断定判断提供

消費者金融で借りさせてまで支払わせるという不適正行為

SNSなどでサクラをまぜて次々勧誘する行為

人を紹介すると金が入ることでマルチ的な増殖を行っていく。

マトラスのクーリングオフ

アポイントメントセールスである以上はクーリングオフ対象になりますし、契約書の第5条でもクーリングオフ記載がなされていますので、クーリングオフ対象であると考えることができます。

契約書の交付を受けた日から8日間が期限となりますので早めの対処が必要です。
また金銭支払いがなされているケースが殆どですので、返金請求を確実に行うこと。

商品の返送などの返品手続きなどが必要となってくるでしょう。

いずれにせよ、クーリングオフ期間経過後の解除は非常な困難を伴いますので期日内に手続きをしてゆくべきでしょう。

マトラスのクーリングオフ相談、代行などのご相談はお気軽にお寄せください。042-388-0073(初回無料)

またはクーリングオフ無料メール相談からどうぞ!




1998年より82000件のご相談
クーリングオフ行政書士事務所

大手テレビマスコミからも取材多数のクーリングオフ代行NO.1事務所。その実力は?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

クーリングオフ悪徳商法解約を専門に行っている行政書士です。 1998年より82000件以上の相談を受けております。 大手のテレビ局、NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京や日本経済新聞など大手のマスコミにも取材多数。 〒184-0001 東京都小金井市関野町2-7-5 クーリングオフ行政書士事務所 Tel042-381-1779 Fax042-381-1836 Mail:den@ga2.so-net.ne.jp