災害地被害を利用した悪質商法

悩み

災害地被害を利用した悪質商法

今年も西日本の大豪雨被害など激甚災害が発生しております。
被災地の皆様におかれましては、猛暑の中で大変な生活を送られてることと思われます。

一刻も早い復興を願うところです。

ですが、このような激甚災害が発生しますとそれを悪用する悪質商法が必ず出てきます。

過去の事例でも
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20150827_2.html

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20110623_1.html

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20110601_1.html

など災害被害にかこつけた悪質商法が増えるということが見て取れます。

今回の災害でも、既にタイヤを盗もうときていたとか、空き巣、被害地支援などの名目で商品を買わせるなどすでに起こっているとのことです。

何故災害地被害を利用するのか?

一つは、被災者を支援したいという気持ちを利用すると、契約しやすいということがあるかと思われます。
被災者のところに支援金が行きますのでなどいわれると、つい協力したくなってしまうということです。

また被災地の方にも、情報が入りにくい、公的機関が込んでいて仕方なく高い工事を頼んでしまったなど、選択肢の減といった要因もあるかと思います。

つまり被災地の方には弱みを利用して高値をつかませる。被災地外の方には、支援したいという良心を悪用して買わせるといった2度おいしいうまみが悪徳業者にはあるわけです。

さらに、被害に遭ったとしても、それを解決するための意欲がわきにくく、諦めてしまいがちだということや、恥ずかしいので隠しておこうなど被害が顕在化しにくいなどいった特徴もあります。

ですから悪徳業者からすれば、うまみがあるのに被害が告発されず、行政処分や刑事罰を受ける確率が低いといったことになります。ですから余計に参入してくるといったことがあるのでしょう。

またこのようなことを知って一度うまみを覚えた業者は、次回の災害の際も迅速に動いていきます。ですから被害はなくなることがないのです。

被害に遭わない為には

被災地の為になるなど勧誘文句でうたうところもありますが、逆に良い話過ぎるのにはのらないこと。

被災地の方は、大変お困りではあると思いますが、周りの方の意見を聞いて、冷静な判断で契約を行うこと。

被害に遭ってしまったらすぐに相談をしてゆくこと。

人の不幸に付け込むゆるせない悪徳商法ではありますが、決して消えることのないものと言えるでしょう。

何か疑問に感じることがありましたらお気軽にご相談ください。
災害被害の悪徳商法、クーリングオフなどのご相談は042-388-0073(初回無料)です。




1998年より82000件のご相談
クーリングオフ行政書士事務所

大手テレビマスコミからも取材多数のクーリングオフ代行NO.1事務所。その実力は?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

クーリングオフ悪徳商法解約を専門に行っている行政書士です。 1998年より82000件以上の相談を受けております。 大手のテレビ局、NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京や日本経済新聞など大手のマスコミにも取材多数。 〒184-0001 東京都小金井市関野町2-7-5 クーリングオフ行政書士事務所 Tel042-381-1779 Fax042-381-1836 Mail:den@ga2.so-net.ne.jp