外壁塗装のクーリングオフについて記事監修を行いました。

外壁塗装工事

プレマテックス株式会社様のご依頼を受けて「外壁塗装のクーリングオフの注意点とポイント」に関する記事の監修を行いました。

リフォームなどの際に、どのような点に注意したらよいのか?

クーリングオフなどの適用がある場合、ない場合?

などなど、是非とも今後の参考になさってください。

リンク先はこちらです。外壁塗装のクーリングオフの注意点とポイント

主な内容は・・・

  1. 訪問販売の定義とは
  2. 訪問時から契約までのチェックポイント
    1. 契約の勧誘を行う場合は「氏名等表示義務」がある
    2. 拒否された場合の再勧誘は禁止されている
    3. 商談の段階で禁止されている行為
    4. 契約書は必ず受け取り、しっかり確認を
    5. 特定商取引法の違反行為には厳しい罰則も
  3. 知っているようで知らないクーリングオフ制度
  4. 外壁塗装でクーリングオフが適用されないケース
    1. 消費者が自ら請求した場合はクーリングオフできない
    2. ショールームでの契約はきちんと納得のうえで
  5. 特定商取引法は頻繁に改正されている
    1. ①過量販売の問題
    2. ②適合性に反する勧誘(特定商取引法第7条1項5号)
  6. リフォーム工事のクーリングオフ事例
  7. 知って役立つクーリングオフの豆知識
    1. 「訪問販売お断りステッカー」は有効?
    2. 消費者問題に取り組んでいる自治体の情報もチェック
  8. おわりに




1998年より82000件のご相談
クーリングオフ行政書士事務所

大手テレビマスコミからも取材多数のクーリングオフ代行NO.1事務所。その実力は?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

クーリングオフ悪徳商法解約を専門に行っている行政書士です。 1998年より82000件以上の相談を受けております。 大手のテレビ局、NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京や日本経済新聞など大手のマスコミにも取材多数。 〒184-0001 東京都小金井市関野町2-7-5 クーリングオフ行政書士事務所 Tel042-381-1779 Fax042-381-1836 Mail:den@ga2.so-net.ne.jp