クーリングオフは8日で失敗

チェックポイント

クーリングオフは8日間で失敗

電話相談をしていると、相談者のいろんな失敗した例を聞きますが、その中でも多いのが日にちを数え間違えたというものになります。

クーリングオフは8日間だという認識はあるのですが、この数字の「8」が独り歩きをしてしまい、期日は契約した日に8を足す日までOKだと思い込む。

そしてその日まで大丈夫だと思い込んでしまい一日経過してしまったというもの。

クーリングオフの8は初日から数えるので、足す数字は「7」になります。

クーリングオフの数え方

数字ではなく、曜日対応で考えるほうが間違えはなくなると思います。クーリングオフは例えば月曜日から翌週の月曜日までなど曜日では対応するので契約した曜日で考えると良いでしょう。

クーリングオフに関するご相談はお気軽にお寄せください。042-388-0073
メールでのクーリングオフ相談もどうぞ。




1998年より82000件のご相談
クーリングオフ行政書士事務所

大手テレビマスコミからも取材多数のクーリングオフ代行NO.1事務所。その実力は?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

クーリングオフ悪徳商法解約を専門に行っている行政書士です。 1998年より82000件以上の相談を受けております。 大手のテレビ局、NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京や日本経済新聞など大手のマスコミにも取材多数。 〒184-0001 東京都小金井市関野町2-7-5 クーリングオフ行政書士事務所 Tel042-381-1779 Fax042-381-1836 Mail:den@ga2.so-net.ne.jp