クーリングオフTOP>クーリングオフ依頼料金について
クーリングオフ依頼料金について

クーリングオフ依頼料金について

よくわかるクーリングオフ無料相談

■クーリングオフ行政書士事務所の料金モットー

  • 事前に、明確に料金についてご説明いたします。
  • また事前説明以上の料金を請求することは一切ありません。
  • 分割払いも利息無しで大丈夫です。
  • お支払は書類作成後の完全後払い。

法律専門家による「低価格」でありながら「安心」の解約代行サービスです。

クーリングオフ代行業務は、迅速性を最も大切にしますのでスピード対応でいたします。
ただし、あまりにも高額な報酬は消費者の立場から見ると敷居が高いことになってしまいます。
よって当事務所の報酬基準は消費者の方が頼みやすいように 明確化、単純化、良心的価格になるように心がけております。

クーリングオフ特典代行

 

クーリングオフ代行費用

クーリングオフ完了後も悪徳業者データバンク利用権、専用依頼者相談フォーム利用権などの継続的なフォローサービスがつきます。
継続的な被害を心配される方やより手厚いサポートを求めている方にお勧めです。
継続被害や妨害行為が予想される、訪問販売、電話勧誘販売、デート商法、絵画商法被害者はぜひお申込みください。

支払総額とはクレジット込みの総支払額になります。

行政書士法施行規則第9条2項による行政書士吉田安之の職名記載、押印がなされます。
クーリングオフ後の事務連絡は書面回答を要求します。


クーリングオフ期日まで2日を切っている場合は、特急料金として3240円が加算されます。

契約金額(総額)  
〜10万未満まで \8000+税
10万以上〜20万未満 \10000+税
20万以上〜30万未満 \12000+税
30万以上〜40万未満 \14000+税
40万以上〜60万未満 \16000+税
60万以上〜100万未満 \18000+税
100万以上〜 \20000+税
海外先物委託契約解除タイプ クーリングオフ完了後も悪徳業者データバンク利用権、専用依頼者相談フォーム利用権などのフォローサービスがつきます。委託保証金とは(例)シカゴ大豆1枚50万円などのことを言います。※先物タイプの最低報酬は¥30000+税となります。
行政書士吉田安之の職名記載、職印押印がなされます。
海外先物タイプ 委託保証金額×4%+消費税
投資マンションタイプ 投資マンションのクーリングオフ代行の専用タイプとなります。クーリングオフ完了後も悪徳業者データバンク利用権、専用依頼者相談フォーム利用権などのフォローサービスがつきます。
行政書士吉田安之の職名記載、職印押印がなされます。
投資マンションタイプ 契約総額の×0.003(最高90000円+税まで)

中途解約タイプ
中途解約とはクーリングオフ期間経過後の解約のケースです。
支払総額とはクレジット込みの総支払額になります。
支払停止抗弁手続きは費用に含まれます。
主務大臣申出手続もサービスで行います。
ケースにより増減があります。
総額4%の最低は3万円になります。
中途解約一式 原則支払総額の4%+1万+消費税


■クーリングオフサービスの内容

特徴 説明

1)対応が迅速

クーリングオフには原則8日間(商法によって日数は変わりますが)の期間があります。もたもたしているとすぐに経過してしまいます。私の事務所では緊急対応であれば期間満了日当日でも受任可能です。

2)終わった後も安心フォロー

クーリングオフ完了後も、同一の会社からクーリングオフ妨害トラブルなど受けることがありえます。当該同一会社の受任ケースにおいて継続的相談に応じます。

3)充実した相談サービス

悪徳商法研究26年行政書士相談19年の悪質商法相談実績に基づく法務専門家としての最適な相談、アドバイスを当該受任ケースに関して何回でも何時間でも何時にでも受けることが可能です。書面作成料金に相談料は全て含まれています。当然正式依頼者には時間外相談料金もかかりません。土日祝祭日でも夜時間帯でもいつでも相談可能です。

また事前にご相談の予約をとかFAXでご質問内容をお知らせくださいだとかいう事も言いません。思い立ったときすぐご相談ください。即返答致します。

4)相談方法は各種

相談方法はメール、事務所来訪、電話、FAXいずれでも可能です。お好きな方法でご相談いただけます。書面作成料金以外に別途の相談料金は頂きません。いつでもご相談ください。

5)特別相談も申し込める

受任ケースの完了後には正式依頼者のみ特別に時間外電話相談サービスを最大半年に渡り申込むことが可能です。(サービス詳細は受任後お知らせします。正式依頼者専用ページより利用可能です。依頼会社のみならず別会社の相談も可能となります。)

6)企業情報検索サービス
(悪徳業者データバンク)
(経験と実績のある吉田事務所だけのサービスです。)

今後実際に別業者から悪質勧誘を受けることがありましたら、長年の業務経験で事務所に蓄積された豊富な企業データから依頼者の受任事件の会社だけではなくその再勧誘の際に企業が用いた企業名、通称、手口から業者の情報を提供・アドバイスいたします。正式依頼者には専用の悪徳商法相談フォームをネット上に用意しております。これには利用期間がありませんので実際に被害にあったらその都度ご利用できます。(正式依頼者専用ページより利用可能です。)
消費者センターでは教えてくれません。(理由は被害前にこの業者は悪質業者の苦情があります等の情報をいうことは行政機関が一会社を悪質だと広告していることになってしまうからです。広告処分に近いことになるので言えないというのが事実です。

7)各種資料ダウンロード 悪質商法に関する各種資料のダウンロードが専用HP上から可能です。

8)終わった後も専用相談者ページからアフターサポート

正式依頼者の専用フォームからの相談には優先的に返答を行っています。
正式依頼者には
専用の相談ページを設けております。(パスワードが必要です)

9)主務大臣申出サポート

クーリングオフ妨害行為を受ける等、業者に対する憤りが大きく、当該業者の主務大臣申出を行いたい場合も継続して手続き、書類作成等に関して相談可能です。もちろん主務大臣申出書のご相談料金も依頼料金に含まれていますので別途かかりません。

10)経験と実績、信用が違います

行政書士事務所として一番最初(1998年より)に悪質商法被害救済業務を行いはじめ、かつ専門的に行っている事務所です。既に80000件以上のご相談を受けております。 クーリングオフ解約4805件、クーリングオフ期間経過後解約(内職商法等の)1456件の方が当事務所の正式依頼サポートで無事に解約を勝ち取っています。

依頼される際には
「何年間行政書士として消費者法務問題に取り組んでいるのか?」
「行政書士の登録番号をいくつですか?」
※登録番号は「
980*****」と8桁になっています。冒頭の980で1998年登録の行政書士と解かります。ですから2002年登録の行政書士ですと「020*****」となり2000年ですと「000*****」となります。これで行政書士としての年季が解かります。つまり経験もわかるということです。
「今まで何社ほど解約業務を行っているのか?」
「同じ会社の情報は過去において入っているのか?」
などを聞くと良いでしょう。

各種マスコミでも過去から取材や紹介をされております。

11)秘密厳守

行政書士は国家資格です。守秘義務があり秘密は厳守いたします。

 12)資料サービス クーリングオフのケースに即した関連資料をお付けします。
 13)割引サービス 次回以降の報酬を10%割引いたします。
 14)プレミアクラブメーリングリスト プレミアタイプの方だけに限定で特別情報を随時発信

上記のサービスは基本的に受任時、受任後に正式依頼者専用ページにて受けることが可能になっております。
正式依頼者にはサポートページの「パスワード」を受任時に知らせますのでTOPページより入ってご利用ください。

中途解約とは? 中途解約とは原則クーリングオフ期間が経過したあとの解約業務全般の事を言います。
基本的サービスはクーリングオフ代行サービスに準じますが個別的に全て動きますのでより詳細な業務を行うことになります。又各種資料などの提供、クレジット途中の場合は支払停止抗弁手続きなども行います。

分割払いなどに関して 私の事務所は今まで依頼はしたいけれども依頼費用を一括で払うのが難しく「法的サービス」を受けることができなかったという方へも十分な法的サービスが受けられるように、報酬費用の分割払いやスキップ払いも受け付けております。分割手数料などは一切かかりません。
費用や支払方法に関しての質問は事前にお問い合わせください。
全て明確にご説明致します。
また通常の支払期日は原則当月19日までが当月末日払い、20日以降が翌月末日払いとなります。

■クーリングオフ依頼料金について

ここではクーリングオフ依頼料金について明確に表示させていただいております。
私は依頼者の立場に立って考えてみました。どのような時にクーリングオフ代行の依頼をしたいのか?
そこで、思ったのが、やはり業者の妨害が怖い時、悪質性が高い時、時間がない時、初めてで不安な時・・
こんな時に専門家の力を借りたいと思うのではないかと。

私はあなたの 「解約したい」 を、一緒に考え、理解し、そして、今後の解約に最適と思われる解約サポートをアドバイスしています。

一般的に初めてのクーリングオフにかかる時間はこのようになります。

まず解約しようか契約継続しようかと1時間ほど悩みます。
いざ解約しようと決めたらば、どのようにやればよいのかなどネットでいろいろ
検索をします。調べるといろいろ気になってあっという間に数時間経ちます。
それからいざ作成ですが、こうでもないああでもないといろいろ悩みながら
作成しているとまたここでも数時間かかります。そしてできあがったものも
自分の責任での作成ですので間違ってないかなど不安も残ります。
そしていざできたらば、郵便局へ出向くので往復1時間ほどがかかります。

あっという間に、6時間から12時間ほどは自分でやる場合でもかかってしまうということです。
その手間暇を依頼することでたったの10分。FAX1本で完全お任せすることができます!!

■クーリングオフ代行費用って高いの?!

一人で初めての解約手続きを行うには、6時間から10時間ほどかかります。例えば一般的な方が時給900円で働いたとしても10時間で9000円になります。会社員の場合は、2009年の平均時給が1687円とされますので10時間で16870円になります。

クーリングオフの時給換算

会社員の場合ですと
クーリングオフの時給換算(会社員の場合)

自分で行うということはこれだけの時間をかけて自らの費用を出しているということと同じです。
代行を頼むと、例えばベーシックタイプの10万円未満のケースですと、私の事務所では報酬分で8000円+税。自分でやってもかかる諸費用の郵送実費まで含めて10152円です。自分でクーリングオフ手続きを長時間かけて不安に思いながらするのも代行で楽チンして頼むのも実はそれほど差がありません。

つまりクーリングオフの解約代行は自ら動く場合と比較しても高くないということになります。自らの時間と費用をかけて行うか?それともその分を代行でお任せし、時間を有効活用するか?どっちが良いかは明らかです。

費用換算表 自分でやる場合 自分でやる場合
(会社員)
オマカセ代行の場合
内容証明料 690円 690円 690円
通常郵便料 82円 82円 82円
配達証明費用 310円 310円 310円
一般書留費用 430円 430円 430円
交通費 @210×2=420円(バス) @210円×2=420円(バス) 0円
実費小計 1932円 1932円 1932円
時給換算 900円×12時間=10800円 1687円×12時間=20244円 0円
報酬 0円 0円 8,000円+税
合計 12732円 22176円 10152円

このように、自分で一から勉強して不安になりながらも調べて手続きすることを考えると代行でお任せしてしまっても変わらないということは言えます。

つまり解約代行は高くないということになります。自らの時間と費用をかけて行うか?それともその分を代行で頼んで時間を有効活用するか?どっちが良いかは明らかです。

ネットで簡単解約代行依頼

クーリングオフ問題に関わらず、不安がありましたら、お早めに法の専門家へご相談ください。
無料メール相談フォームへ

クーリングオフ無料相談

 

 

著作物のご紹介
悪徳商法撃退77の秘密
あおば出版「悪徳商法撃退77の秘密」
行政書士 吉田安之 監修