名簿屋が詐欺容疑で逮捕

通報

名簿屋が詐欺容疑で逮捕

毎日新聞によると、通信教育の教材費名目で現金をだまし取った容疑で、大阪府警は9月11日、相模原市中央区の会社役員、笠松高幸(62)と、仙台市青葉区の同、矢持重生(49)の両容疑者を特定商取引法違反(不実の告知)と詐欺の疑いで逮捕したとのことです。

大阪府警は客の名前や電話番号などが書かれたリストを教材販売会社に販売した「名簿屋」とみており、名簿屋を詐欺容疑で逮捕するのは異例だとのことです。

電話勧誘商法の二次被害に使用

名簿屋の存在は、現実の被害事例を見ると裏側にあることは明白でした。一度教材を購入しますとその情報が流されてしまい、それを不正入手した業者が二次勧誘をかけていくという筋書きです。

宮城県仙台市青葉区木町通2―1―18ノースコアビル5階
有限会社ワイエスプランニング代表取締役 矢持 重生

行政書士教材一式 契約総支払金額 金505,323円

東京都江戸川区東葛西6―14―10―201 有限会社OTTコミュニケーション 取締役 笠松 高幸

マネジメント実務管理教材一式 契約金額 金420,000円

など、名簿屋自体でも教材販売の電話勧誘商法を過去において行っておりました。

継続的に契約する義務があるなどで教材費用をだまし取ったということで、特商法違反と詐欺の容疑で逮捕ということのようです。

特商法違反での逮捕はよくあるのですが、詐欺容疑での逮捕はなかなか見ないので、今後の推移が気になりますね。

電話勧誘商法は非常に継続性の高い商法になります。まず一度契約しますと必ずと行っていいほど継続被害に遭います。

「生涯学習」「継続義務」など契約しないといけないなどのセールスがありましたらまず二次被害を疑ってください。

電話勧誘商法のクーリングオフ相談も受け付けております。042-388-0073まで(初回無料)

メールでのクーリングオフ相談もしております。




1998年より82000件のご相談
クーリングオフ行政書士事務所

大手テレビマスコミからも取材多数のクーリングオフ代行NO.1事務所。その実力は?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

クーリングオフ悪徳商法解約を専門に行っている行政書士です。 1998年より82000件以上の相談を受けております。 大手のテレビ局、NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京や日本経済新聞など大手のマスコミにも取材多数。 〒184-0001 東京都小金井市関野町2-7-5 クーリングオフ行政書士事務所 Tel042-381-1779 Fax042-381-1836 Mail:den@ga2.so-net.ne.jp