訪問購入のランドに行政処分

消費者庁は、平成27年3月20日に「スピード買取.jp」、「着も乃屋」、「宝飾倶楽部」などの屋号を用いて、訪問購入を行っていた株式会社ランドに対し、本日、特定商取引法第58条の12の規定に基づき、違反行為の是正を指示しました。

○処分の詳細は、このとおりです。(2)購入業者は、売買契約の締結について勧誘の要請をしていない者に対して、営業所等以外の場所において、契約締結の勧誘をしてはいけません。しかしながら、同社は、消費者宅を訪問した後に貴金属はないかと唐突に告げており、貴金属の訪問購入に係る売買契約の締結について勧誘の要請をしていない者に対し、勧誘を行っていました。(不招請勧誘)

(3)購入業者は、消費者宅において、物品の売買契約を締結した際に、代金を支払い、かつ、物品の引渡しを受けたときは、直ちに、法令で定める事項を記載した書面をその売買契約の相手方に交付しなければなりません。しかしながら、同社が消費者に交付する書面において、以下の記載不備が認められました。ア)物品の購入価格について、複数の異なる物品を購入する場合、本件契約においては、物品それぞれの購入価格を記載すべきところ、まとめた購入価格しか記載しておらず、記載すべき購入価格が記載されていない。イ)物品の特徴が記載されていない。(書面記載不備)

(4)売主たる消費者は、クーリング・オフが認められる8日間は、購入業者に対し物品の引渡しを拒むことができ、購入業者は、物品の引渡しを受ける時点で、このことを消費者が明確に認識し、引き渡すかどうか判断する機会を確保するため、消費者に告げなければなりません。しかしながら、同社は、訪問購入に係る物品の売買契約を締結し、消費者から直接物品の引渡しを受けた際、クーリング・オフ期間中は、当該物品の引渡しを拒むことができる旨を消費者に告げていませんでした。(物品の引渡しの拒絶に関する告知義務違反)

(5)購入業者は、消費者が迷惑を覚えるような仕方で勧誘をしてはいけません。しかしながら、同社は、売買契約を締結しない意思を表示している消費者に対し、「ひとつくらいならあるでしょう。」、「何かないです。」、「他にもあるでしょう。見せてくださいよ。」、「見せるだけでも結構ですから。何か使っていない物があれば見せてください。」、「何でもいいので使っていない物を見せてください。」、「なんとかお願いしますよ。ここまでのガソリン代もかかっているんですよ。」、「なんとかお願いします。上司に交渉しますから。」、「ガソリン代をかけて来たんですよ。このまま手ぶらで帰ると上司に怒られてしまいます。」と言うなど、執ように、消費者に迷惑を覚えさせるような仕方で勧誘を行っていました。(迷惑勧誘)

訪問購入は新たな規制を受けている取引ですが、このように強引な取引を迫られるケースも多くあります。広告やチラシなどを利用して問い合わせをさせたりするケースも多いのでくれぐれも、強引な契約にあったらば速やかに行動に移すことです。

また、クーリングオフ期間内は商品の引渡も「拒否できます。」

このことを告げない業者も多いですし、消費者でも知らない方も多いので、不安ならばこのような引き渡し拒否をしてクーリングオフ期間内に冷静に考えるということも必要です。

訪問購入のトラブルもお気軽にご相談Link ください。行政書士吉田安之Link

— posted by 行政書士 吉田安之 at 04:07 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0495 sec.
prev
2018.4
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30